ヘッダー画像
  • トップ画像
  • トップ画像
  • トップ画像

雨よけハウス栽培さくらんぼについて

(5月下旬~6月下旬は雨よけハウスでのさくらんぼ狩りになります)

温室ハウスのように全面をビニールで囲むのではなく、ビニールの屋根だけついていて雨を防ぐハウスの下で育てられたさくらんぼを雨よけハウス栽培さくらんぼと言います。さくらんぼはとってもデリケートな果物です。雨が当たるとすぐに実が割れてしまいます。その為、大沢農園ではすべてのさくらんぼ園に雨よけハウスがあります。ですので、雨の日も濡れることなくさくらんぼ狩りがお楽しみいただけます。

また、雨よけハウス栽培で雨が実に当たらないことにより、品質の良いさくらんぼが食べられます。さらに、雨を防ぐことにより菌の繁殖を防ぎ、減農薬にも役立っております。