ヘッダー画像
  • トップ画像
  • トップ画像
  • トップ画像

正社員・アルバイト・研修生・農業体験希望者 募集中!

【山梨で果樹農家になろう!山梨果樹農業はメリットしかない!】

 

山梨の自然

日本一の山、富士山が見下ろす甲府盆地は、果物の神様に愛された土地です。山に囲まれているため、雨が少なく日照量が多く朝晩の寒暖差が激しく、また、扇状地の傾斜地の畑は水はけが良く糖度の高い高品質の果物が生産されます。さくらんぼや果樹栽培には最適の地です。

 

大都市から近い

東京まで一時間半、名古屋からも日帰りで来られる場所。人口3000万人以上の首都圏と中京圏の間に位置しており、日本一の大消費地から最も近い果樹産地です。果物を求めるお客様を呼ぶにも良く、都会の農家マルシェなどへ自ら販売に行くにも良い。また、農産物を出荷するにも、鮮度や輸送費の面で山梨の立地は抜群のメリットです。さらに、日本一の山、富士山があることで、今急増している外国人旅行者にも人気で、海外のお客様も果物を求めてゆかれます。

 

山梨は日本一の果樹王国ブランド

山梨は古くから、モモ、ブドウ、スモモの生産量が日本一です。その歴史とブランドを背景に、お客様からの絶大な信頼を得ており、高品質な果物は、高価格で販売することが可能となっております。最高の自然からできた最高の果物を、大消費地のお客様へ手軽にお届けすることができるのです。

 

じっくり取り組む果樹農業の良さ

一見、とっつきにくそうな果樹農業。しかし、政府の政策に左右されがちなコメ、相場に乱高下する野菜、それに比べると果物の値段は安定しています。果物はどこでも作れる訳ではありません。産地が限られることで過当競争から逃れられます。また、作り手によって、生産物の品質が大きく変わります。毎日欠かさず食べる野菜とは違い、嗜好品であるがゆえに、味の良しあしがモノを言います。大規模な土地を必要とせず、狭い土地でも身につけた技術によって、高単価な農産物を作ることができる。樹を作るのに時間はかかるが、それが逆にコモディティ化しにくく、マネされにくい。じっくりと、時間を味方につけて取り組めば、山梨での果樹農家としての可能性は無限大です。果物の聖地、ここ山梨でしかできない魅力ある果物をつくり、お客様に喜んでもらえる仕事に、ぜひご応募ください!

 

 


●じっくりと(株)フルーツオーサーで働きたい

フルーツオーサーでは、社員が果物の種類で担当しています。モモが良ければモモを、スモモが良ければスモモを担当します。イチゴは栃木県にまで技術の勉強に行っています。自分で、これをやってみたいと思えば、会社内で新しいセクションを立ち上げることも可能です。会社の中で、栽培や販売までやりたいことを自由に自分で考えて、実行しそれが成果につながった時が一番のやりがいです。

 

●いずれは独立果樹農家としてやっていきたい

モモ、スモモ担当として勉強中です。将来はブドウ農家になりたいと思ってます。ここで働きお金を貯めながら、農地や住居をリサーチしています。会社の中だけでなく、若手農家の勉強会にも参加し、他の農家さんとの横のつながりもできます。地域の中に溶け込んでいきながら独立を支援してもらえます。

 


正社員については社会保険完備、遠方より応募の方には社員寮もあります。

求人内容詳細についてはお電話でお問合せください。

TEL 0553-23-0674 (9時~17時)大澤まで