ヘッダー画像
  • トップ画像
  • トップ画像
  • トップ画像

さくらんぼが育つ場所

大沢農園は、南に甲府盆地、笛吹川、御坂山系、扇状地、さらにその後ろからのぞく富士山を見据え、北側背後に山梨百名山の兜山、そして金峰山、国師岳、甲武信ヶ岳、などの奥秩父山地へと続いてゆく山々を背負った、標高350メートルの南東面傾斜の丘陵地にあります。甲府盆地に差し込む朝日を一番最初に浴びる土地柄から、古くから温室ハウスデラウエア栽培の産地となっていました。


山に囲まれているため、夏暑く冬寒い典型的な内陸性気候ですが雨が少なく日照量が多いことから、さくらんぼや果樹栽培には最適の地域です。大沢農園の見晴台からは、全国有数の果樹地帯である山梨市、甲州市、笛吹市の峡東地域の盆地の風景を見渡すことができます。

誰かが言っていましたが、ここは果物の神様に選ばれた土地なのだそうです。